狭山市周辺で安心して任せられる外壁塗装会社を見つけよう

信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者
TOP » 外壁塗装業者選びに役立つ知識 » 塗料でアレルギーを引き起こす?体に与える影響は?

喜多建設

大正3年創業、塗り替え実績12,000棟!1世紀以上の歴史を持つ老舗塗装会社

電話で問い合わせる

ユーワネクスト

親子三代、地元所沢で半世紀以上にわたり塗装業を営む地域密着の塗装会社

電話で問い合わせる

美光塗装

創業40年!地域ならではのきめ細かいサービスとアフターメンテナンスが自慢の塗装会社

電話で問い合わせる

塗料でアレルギーを引き起こす?体に与える影響は?

外壁塗装をする場合、お子様がいるご家庭などで特に心配なのが、塗料が体に及ぼす影響です。

塗装工事中や、塗装直後に発生する独特の匂いは、やはり体に害がないか心配ですよね。そこでここでは外壁塗装や塗料に使われているシンナーの注意点、体に害を及ぼす場合にはどんな影響があるかなどについて詳しくまとめてみました。

これから外壁塗装を考えている方、予定している方はぜひご一読ください。

外壁塗装なら、体に悪影響を与えないって本当?

一般的に外壁塗装は内装やクロスに使われる塗料や接着剤と比較しても、シックハウス症候群や化学物質過敏症などを引き起こすリスクは低いと言われています。

シックハウスや化学物質過敏症の原因はまだまだわからないことが多いのですが、一説によれば塗料などから発生する揮発性有機化合物(VOC)を長期間吸い込むことで発症するのではないかと考えられています。

とはいえ、シックハウスや化学物質過敏症の原因物質と考えられている発性有機化合物(VOC)に対する濃度基準は、厚労省や環境省が定めているものを見ると室内のみに限定されています。室外で使われる塗料は、大気中に拡散することから、それほど問題視されていないと言うのが現状と言えるでしょう。

どうしても気になる方は、F☆☆☆☆の塗料(水性塗料)を選ぶとより安心です。

「シックハウス症候群は厚生労働省の室内濃度指針よりも高い値(もしくは,その前後あたり)のVOCで症状が出現し,問題となる住宅などから離れると症状が軽快,あるいは消失するもの.」と定義している

出典:(PDF) 「シックハウス症候群・化学物質過敏症・シックスクール症候群の現況」昭和医学会雑誌,64(2),2004 [PDF]

塗料に使われているシンナーに注意!

とはいえ外壁塗装は、塗り替え期間中に周囲に塗料の匂いがある程度漂います。中にはこの匂いを嗅いで気分が悪くなる方もいらっしゃるかもしれません。

外壁塗装で特に気をつけたいのは、塗料に含まれているシンナーです。

雨風から外壁を守る必要があることから、外壁塗料や内装に使われる塗料よりも強い溶剤を使うことが多いもの。かつてはシンナーの臭いが周囲に漂い、気持ち悪くなった経験がある方も少なくありませんでした。

現に過去には、外壁塗装に伴って、シンナー中毒などの被害を受けたという報告もあるようです。化学物質過敏症は、一度発症すると低濃度でも過敏に体が反応してしまうことも多く、そうならないためにも、シンナーの臭いがする場所に長期間滞在しないようにするなどの注意をする、比較的体に安心と言われる水性塗料などを選ぶなど対策をするといいでしょう。

とはいえ、近年の塗料開発の進展により、有害物質や臭いもかつてより軽減された塗料を使われることが一般的です。

居住住宅の外壁をトルエン,キシレンの含有量が多い塗料で塗装し,神経毒による被害(シンナー中毒)を受けたり,床下の有機リン,塩素系薬剤のシロアリ防除処理によって急性の重い被害を受けた方は,それ以降,空気中の多様な化学物質全般に,以前には問題にならなかった低濃度でも,花瓶に症状が出るようである

出典:(PDF) 「化学物質による室内空気汚染」環境技術,28(3),1999 [PDF]

体にはどんな影響があるの?

それでは、外壁塗料に含まれる化学物質や有害物質により人体に影響が出る場合。いったいどんな害が出ることが考えられるのでしょうか。

例えば、先程ご紹介したシンナーは、聴力低下や肝腎障害、視神系障害、めまい、吐き気などの症状を引き起こす危険性のある化学物質です。

シンナーは塗料を薄めて粘度を下げるために用いられる有機溶剤であり、主な成分はトルエンである。これまで、各国で定められている管理濃度以下のトルエンに暴露した集団の急性期における聴力低下を示した報告は散見される

出典:(PDF) 「シンナー中毒により遅発性聴力低下をきたした一例」AUDIOLOGY JAPAN,60(5),2017 [PDF]

また、他にもメタノールやイソプロピルアルコールなどシックハウスや化学物質過敏症を引き起こす可能性のある物質はいろいろあります。

シックハウスや化学物質過敏症の症状としては、次のようなものがあり、体に与える影響としては注意したいところです。

  • 精神障害:不眠や不安、うつ症状など
  • 内耳障害:めまい、ふらつき、耳鳴りなど
  • 気道障害:喉の痛み、喉の渇きなど
  • 消化器障害:下痢や便秘など
  • 運動器障害:筋力低下、筋肉痛、関節痛、体のしびれなど
  • 自律神経障害:発汗以上、手足の冷え、頭痛など
  • 免疫障害:皮膚炎、喘息、自己免疫異常など
  • 循環器障害:動機、不整脈、循環障害など
  • 眼科的障害:視力低下など

どうすれば予防できる?

では、具体的に外壁塗装による体への害を予防するにはどんなことができるのでしょうか。 使う塗料を比較的安全性の高いものにする、という方法が一番ですが、それができない場合のケースとして、シンナー中毒を予防する方法をご紹介しましょう。

シンナー中毒の予防として、一番は「シンナーを吸わないようにする」ことに尽きます。

マスクを着用する、塗装中は空気がきれいな場所に移動する、うがいや目の洗浄をこまめにすることなどが予防法としてあげられます。

また、塗装後、塗料が乾くまでの時間は、塗料から揮発性の物質が気化しています。塗料が乾くまでにかかる期間は天気にもよりますが、約1日。乾くまでは近くに近づかないようにすることも対策としては有効です。

もしもシックハウス症候群などになってしまった場合には、原因物質からできるだけ離れるのが一番です。

また、生活リズムを整えたり、有害物質を体内から追い出すために汗をかくことなども有効と言われています。

1.原因物質か らの隔離 患者自身が原因になっている環境から隔離する ことが必要である.しかし,実際には現在の住居を移動するのは非現実的であ り,むしろ原因物質や発生源を発見し除去することが必要と考えられる.それに加え外国では換気の事が重要視されるが,わが国でも気流の流れなどの換気の事も考慮されるべきである. 2.身体状況の改善と体内からの有害化学物質の排出 1)日常生活の改善:自律神経系の改善のため生活のリズムを整えること.食生活の改善. 2)有害化学物質の排出:軽運動,入浴,サウナなどで汗をかくことによる体内の有害化学物質の排出

出典:(PDF) 「シックハウス症候群・化学物質過敏症・シックスクール症候群の現況」昭和医学会雑誌,64(2),2004 [PDF]

原因となる物質や塗料の種類

ここでは、外壁塗料に使われている塗料の種類や物質の中でも、体に害を及ぼす物質をご紹介しましょう。

外壁塗装を依頼する際には、以下にご紹介する成分ができるだけ少ないものを選ぶといいでしょう。

シンナー

塗料の希釈剤として用いられている成分です。ラッカーシンナーや塗料用シンナーがよく使われます。

塗料の中でも油性の塗料は、ほとんどのケースでシンナーが用いられています。

信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者5選 信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者5選
TOP