狭山市周辺で安心して任せられる外壁塗装会社を見つけよう

信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者
TOP » 外壁塗装業者選びに役立つ知識 » 外壁塗装のサイディングってどんなものがある?

喜多建設

大正3年創業、塗り替え実績12,000棟!1世紀以上の歴史を持つ老舗塗装会社

電話で問い合わせる

ユーワネクスト

親子三代、地元所沢で半世紀以上にわたり塗装業を営む地域密着の塗装会社

電話で問い合わせる

美光塗装

創業40年!地域ならではのきめ細かいサービスとアフターメンテナンスが自慢の塗装会社

電話で問い合わせる

外壁塗装のサイディングってどんなものがある?

サイディングとは

サイディングとは外壁に使われる素材の一種であり、セメント質や繊維質を材料としながら、壁に貼ります。サイディングボードとも呼ばれており、建物の形状に合わせて確実に貼り付けていき、繋ぎ目をきちんと埋めます。板の貼り合わせでも雨漏りや剥がれを防ぎ、家を支えることが可能です。

これまでの外壁塗装は、建築の中でも壁塗りを専門とする左官屋がおこなうのが一般的とされてましたが、工場で作られるサイディングボードの登場によって、ボードを外壁に貼っていく手法も広まっています。サイディングボードは塗り壁よりも工事費用が安く、経年劣化もしにくいことで幅広い普及に成功しました。もちろん、デザインも豊富に揃っているため、たくさんのお客様から人気を得ています。

メリット・デメリット

サイディングは工事価格が安くなるだけでなく、耐水性に優れていることが最大の特徴です。以前は壁の塗装は職人さんによる手作業で仕上げる必要があり、時間とお金がかかりましたが、サイディングはボードを貼り付けるだけなので時間と費用の減少に成功しました。

塗り壁は壁の表面に塗料を付ける一方、サイディングはボードを壁に合わせて貼り付けることが大きな違いです。そしてサイディングボードは工場生産をしているため、品質も安定していることも特徴です。人の手になると、業者によって品質に差が出る上に損をするケースもありますが、サイディングでしたら一定の質が保障されます。そのため、サイディングを愛用する業者も増えるようになりました。

メリット

サイディングは非常におしゃれなデザインが大きなメリットであり、西洋の住宅のように特徴的な外見が保障されます。注文住宅を建てたい場合、他の住宅と差別化をしたいほど、サイディングがおすすめです。外見や屋根がオシャレでしたら、住宅も綺麗になって住む楽しさも増えます。サイディングの場合、これまでの塗装と違ってひび割れを始めとした劣化も目立ちにくく、品質自体も7年以上は保ちます。

サイディングは自分でも劣化や不具合を確認しやすく、触った時に指先が白くなったらそれが補修または交換が必要なサインになります。最近ではサイディング自体の耐久性も徐々に上がり、メンテナンスにかかるコストも下がっていくこともメリットです。

デメリット

サイディングは優れた品質を誇りますが、使い続けていればどうしても劣化は避けられません。劣化をすると繋ぎ目やサイディングボード自体が剥がれたり、またボードが反るなどの症状も出ます。この状態では防水効果が薄くなり、修繕が必要です。

サイディングは材料によって耐久年数も変わっていくため、貼り付けをする際は事前に年数を把握する必要があります。もしも住宅に使われているサイディングに異変があれば、業者に依頼して確認をしてもらいましょう。

  • 窯業サイディング 7年~8年
  • 木質サイディング 8年~12年
  • 金属サイディング 10年~15年
  • 樹脂サイディング 10年~20年

サイディングを選ぶ際はデザインや機能性はもちろんのこと、耐久年数についても理解することが大事です。

サイディングの種類

上記ではサイディングは材料によって耐久年数が変わることを述べたように、最初は慎重に選ばなければいけません。自分の住む家を守る壁になるので、代表的なサイディングの特徴についても知ってみましょう。

窯業

窯業系のサイディングはセメントや繊維質が原料となっており、既存の住宅の7割以上で使われている最もポピュラーな材質になります。デザインも豊富に揃っており、レンガや石積み風などラインラップは多いです。

セメントを混ぜることで地震などの衝撃や熱に対する耐性も誇るため、7年から8年は耐えてくれます。最近では汚れ対策のコーティングが施された種類もあり、長持ちするサイディングとして人気を集めるようになりました。

地震や火に強く、汚れにくくなる工夫もされており、そしてデザインがたくさん揃っている素材として窯業系のサイディングは広まっています。

金属

窯業系に比べると割高ですが、高品質の材料が金属系であり、スチールやアルミなどが材料です。金属系は10年から15年範囲でメンテナンスが不要であり、防水機能にも優れています。寒い地域でも天候に上手く対応してくれるので、幅広く使われるようになりました。

金属系はデザイン加工がしやすく、多くのデザインのサイディングボードも揃っています。壁のオシャレさと機能性を求めていたら、金属系のサイディングボードも使ってみるといいでしょう。材料によって細かい特徴は変わりますが、基本的には金属系の材料は優れていると考えてください。

木質

木材を特殊な加工や処理を施すことで、外壁として使われている木質系のサイディングボードもあります。木材でも、表面に特殊な加工が施されたことで防火性や耐久性も向上されており、断熱性も高くなりました。

長ければ12年近くは保ちますが、特殊な加工をされている分だけ費用は高く、また木材であるため積極的なメンテナンスは欠かせません。しかし、きちんとメンテナンスをすれば耐久性はもちろんのこと、見栄えも美しくなるので人気は高いです。木質系のサイディングボードを扱う業者も増えているため、興味があれば一度相談をしてみましょう。

費用相場

サイディング外壁を塗装するための金額は決して安くはなく、面積や材料によって大きく左右されます。安くても40万円程度はかかりますし、130㎡を超えると100万円を超えることも珍しくありません。

もちろん、耐久年数が低い塗料や素材を使えば安く済みますが、長持ちはせずに損をするのでオススメできないでしょう。長く住むのであれば、費用が高くなっても質の高い材料を使うべきです。

もしも業者にサイディング外壁の工事を依頼するのであれば、きちんと材料について把握しておきましょう。質の悪い材料を使われて、高額の料金を請求されては大変なことになるため、トラブル回避のためにも事前の話し合いはしてください。

塗装のタイミング

実際にサイディング塗装を行うタイミングについても紹介します。

どんなに優れた材料であっても、必ず劣化することは避けられないため、塗装のタイミングを知る必要があります。数年経てば表面が色あせて、あるいは汚れが目立つことも多くなり、塗装または交換が必要と考えましょう。

また、日陰や植物に覆われる場所も広くなれば、カビやコケなども生える影響で劣化も速くなります。きちんと洗浄をすれば品質は保たれますが、あまりにも酷いようでしたら業者に依頼してみましょう。

どんなトラブルにしても、早ければ3年が塗装または交換のタイミングであり、遅くても7年辺りには手を打つことが大事です。自分の家を守るという意識を持って、日頃からサイディングの様子を見守っていれば、塗装のタイミングを見極められます。

信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者5選 信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者5選

狭山市周辺の外壁塗装業者
費用、保証年数をチェック

業者選びの際の一つのポイントとしては、どれだけ実績があるかではないでしょうか。長く外壁塗装に携わっている業者であれば、必然的に経験や知識が付いてくることはもちろん、地域での信頼も得ているはずです。ここに挙げた業者は狭山市周辺で創業年数が長く実績のある業者になります。

喜多建設
公式HP
ユーワネクスト
公式HP
ペンタくん
公式HP
美光塗装
公式HP
マルキペイント
公式HP
創業年数 1914年 1959年 1973年 1975年 1995年
自社施工 要問合せ
保証年数 最長10年 要問合せ 要問合せ 要問合せ 最長10年

(⇐左右にスライドできます⇒)

会社名(公式サイトへ) 創業年数 自社施工 保証年数
喜多建設

電話で問い合わせる

1914年 最長10年
ユーワネクスト

電話で問い合わせる

1959年 要問合せ
ペンタくん

電話で問い合わせる

1973年 要問合せ 要問合せ
美光塗装

電話で問い合わせる

1975年 要問合せ
マルキペイント

電話で問い合わせる

1995年 最長10年
TOP