狭山市周辺で安心して任せられる外壁塗装会社を見つけよう

信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者
TOP » 外壁塗装業者選びに役立つ知識 » 外壁塗装でも補助金がおりる!

喜多建設

大正3年創業、塗り替え実績12,000棟!1世紀以上の歴史を持つ老舗塗装会社

電話で問い合わせる

ユーワネクスト

親子三代、地元所沢で半世紀以上にわたり塗装業を営む地域密着の塗装会社

電話で問い合わせる

美光塗装

創業40年!地域ならではのきめ細かいサービスとアフターメンテナンスが自慢の塗装会社

電話で問い合わせる

外壁塗装でも補助金がおりる!

狭山市では、外壁塗装をする際にも補助金を利用することができます。補助金を受け取るための条件や詳細情報について事前によく確認し、しっかりと申請をしましょう。ここでは、補助金に関する基本情報や、申請についてご紹介します。

補助金って何?

そもそも、補助金とはなんなのか?というと、これは特定の条件を満たした場合に支給されるお金のことです。その名の通り、外壁塗装にかかった費用を一部補助するための目的で支払われます。

自治体から補助金が出ることになるのですが、外壁塗装は安いものではないので、こういった補助金制度を活用して塗装を行っていきましょう。

気をつけなければならないのが、ただ単に外壁塗装をしただけで補助金が支給されるわけではなく、自分で申請をしなければならないということ。黙っていても自動で振り込まれるようなものではありません。

このページでは狭山市の補助金についてご紹介していますが、自治体によって補助金の金額や適用の条件は変わるので気をつけておきましょう。

また、細かい条件が定められているので、これを満たしていない場合には補助金支給の対象となりません。各項目についてよく確認し、条件に該当するかどうかチェックしてみてくださいね。

狭山市で受けられる外壁塗装の補助金

外壁塗装で受けられる補助金について詳しく解説していきます。

店舗・住宅改修工事費補助金制度

市内の施工業者を利用し、リフォームを行う場合にその経費の一部を補助してくれる制度です。

これにより、市内の経済活性化と住環境の向上を目指しているとのこと。

対象

狭山市内に事業を営む店舗・事業所があるか方、又は市内で事業を営む予定の空き店舗がある方となっており、市税を滞納していないことが利用の条件です。

店舗・空き店舗・住宅で利用が可能なのですが、住宅に関しては、狭山市内に居住している方、所有又は賃借し、且つ居住している住宅となります。

対象となるリフォームの工事

税抜き200,000円以上の改修工事が対象で、外壁の張替、塗装等のほか、バリアフリー改修工事や浴室・トイレ等の改修など、いくつかの対象となるリフォーム工事例が定められているので確認してみてください。

補助金額

住宅の場合は上限を10万円とする税抜き費用の5%相当額、店舗の場合は上限を30万円とする税抜き費用の10%相当額となります。

申請について

市役所の2階商業観光課、各地区センターで申請書類が配布されており、ホームページからのダウンロードも可能です。住宅改修工事費補助金については、早めに締め切ってしまう可能性もあるので注意しておきましょう。

補助金を受けるにはどうしたらいい?

補助金を受け取るためには、自分が条件に該当しているのかをよく確認しておく必要があります。その上で該当している場合は、申請書類を入手して必要事項を記載し、申込をしましょう。

申請の流れとしては、まずはエントリーが必要です。

例えば平成30年のものを例にすると、申請書と改修工事図面と見積書を提出します。 期間は4/25~5/11と定められていました。

多数決の場合は抽選が行われ、当初交付対象者の決定がされたのは5/14です。

続いて無事にエントリーが通った方は5/14~5/21の期間に本手続きを行い、工事着工、前写真、住民票・同意書・課税資産明、細書(写)を提出します。この後に審査が行われるのですが、書類審査に通れば交付決定通知書が送られてくるので待ちましょう。

次に改修工事の着工をすることになるのですが、ここで気を付けておかなければならないことがあります。

それは、年度内に工事を完了させなければならないということ。

補助金の条件についてよく確認し、条件を満たすように注意しておきましょう。

続いて実績報告です。完了後の写真や契約書の写し、領収書の写しを提出します。 工事完了後1ヶ月以内に提出しなければなりません。

こういった申請が済むと指定された口座に補助金が交付されます。

※ご紹介した日付は過去のものなので利用する際には最新のものを注意してください

補助金を申請する前にチェックしておきたいこと

実際に補助金の申請をする前には、いくつか気を付けなければならないことがあります。

ポイントを押さえるためにも、確認しておきましょう。

軽く触れましたがなによりも注意しなければならないのは、あくまでも申請した人に対して交付される補助金であるということ。

また、補助金を受け取るためには、事前にエントリーを行い、応募者多数の場合には抽選に参加しなければなりません。

これで当選した方のみの補助金の対象になるわけなので、先に外壁塗装してから補助金を申請したとしても支給を受けることはできないのです。外壁塗装で補助金を利用する予定のある方は、外壁塗装の業者を選ぶ際にそれを伝えておいたほうが安心できます。

業者の中にはかなり補助金について詳しいところもあるので、そういったところを選択しておくとサポートを受けながら準備を進めていくことができるでしょう。

それから、補助金の条件についても再度確認が必要です。例えば、エントリーや申請には期間が定められていますし、工事は年度内に完了させなければなりません。事前のエントリーで対象者として認められていたとしても、工事が思った以上に長引いてしまい、年度内に完了することができなかった場合には補助の対象から外れてしまうので十分に気をつけておいてくださいね。

屋根塗装では火災保険が使える?

屋根の塗装に関して言うと、火災保険が適用されるケースも多いです。 場合によっては、施工費用全額、又は一部を負担してもらうことができるので、うまく役立てましょう。

これは、火災保険の中で補償の対象となっている「風災」の項目に屋根の被害を補修する内容が定められているからです。ただし、すべての場合に対象になるわけではなく、主に台風などの影響で屋根や住宅に損害が出た場合のみ認められる形となっています。

項目は風災なので、ここからもわかる通り風が原因で発生した損害でなければなりません。台風だけでなく、突風や竜巻、暴風といったものが原因で屋根に損害が発生した場合は、火災保険を活用して屋根塗装することについても検討してみましょう。

必ずしも大規模な損害でなければ補償の対象にならないというわけではないので、判断しかねている場合は火災保険業者に問い合わせをしてみてくださいね。診断をしてもらうことができるので、ここで補償の対象ということになれば、お得に屋根の塗装ができることになります。

風とは関係なく、経年劣化などによる屋根の破損であった場合には対象として認められないので、気をつけておきたいですね。しかし、風災が原因で経年劣化していることもあるので、認められる可能性はゼロではありません。

まとめ

ここでは、外壁塗装で利用できる補助金の詳細と、火災保険で屋根の塗装ができる可能性がある件についてご紹介しました。

補助金についてはいろいろと細かい条件が定められているので、利用したいと思っている方は一つひとつの項目を確認しながら、自分の場合はどうすれば補助金の対象になるのか、いつまでにどのような申込を済ませておけば良いのかについてよく考えておくことが大切です。

外壁塗装をする際には多額の費用がかかるわけなので、うまく補助金を活用し、お得に塗装しましょう。

信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者5選 信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者5選
TOP