狭山市周辺で安心して任せられる外壁塗装会社を見つけよう

信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者
TOP » 外壁塗装でトラブルになる前にしっかり確認 » ご近所とのトラブル

ご近所とのトラブル

外壁塗装のご近所トラブルを減らすには

長く暮らす家ですから、ご近所トラブルは避けたいもの。しかし外壁塗装を行ったことでトラブルに発展してしまうということはよくあります。

工事が始まる前にご自身でやっておくべきことはありますが、その中の1つとしてしっかりした業者を選ぶということもポイントになります。

業者側の対応が悪いと、塗料の付着や騒音問題などでトラブルに発展してしまいます。ここではよくあるトラブル事例とその対処法を解説していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

よくあるトラブル例と対処法

騒音や塗料の臭いがする

最も気になるのはやはり騒音と臭い。作業の進め方や使う塗料によって、音の大きさや臭いには差があるので、気になる方は業者に確認してみると良いでしょう。しかし塗装を行う際には、どちらも避けられないものです。

そのため、施工前の近隣への挨拶が必要となります。

外壁塗装中に他の家に塗料が付いた

塗装を行う際は、他の家に塗料や汚れが飛ばないように、飛散防止シートをかけます。節約のため足場を組まず、シートをかけずに施工するという方もいますが、トラブル防止のため必ずシートをかけるように依頼して下さい。

また、丁寧な作業をしてくれる優良業者を選ぶようにしましょう。

事前の挨拶はマナー

足場の組み立てや解体時の騒音、塗料の臭いは、塗装工事の際にはどうしても防ぐことができないものです。そのため近隣のお宅には多少なりとも迷惑をかけてしまうことになるでしょう。

しかし事前にきちんと挨拶をしておくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。業者によっては、業者側から挨拶をしてくれる場合もありますが、住んでいる本人が知らん顔というのは、あまり印象の良いものではありません。

着工の1週間前頃にしっかり挨拶をして、迷惑をかけてしまうことに対するお詫びをしておくのがマナーです。1軒あたり予算500円程度の日用品(洗剤・石鹸・タオル・キッチンペーパー)をお渡しすると良いでしょう。その際「ご挨拶」の外熨斗紙をつけると丁寧な印象です。

信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者5選 信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者5選
TOP