狭山市周辺で安心して任せられる外壁塗装会社を見つけよう

信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者
TOP » まだまだ多い外壁塗装の悪徳業者

まだまだ多い外壁塗装の悪徳業者

悪徳業者の多い外壁塗装工事

外壁塗装を行っている業者の中には、実際の費用よりも高い費用で見積もりを出したり、手抜き工事をしたりする悪徳業者がいます。国民生活センターの調査によると、屋根工事や内装工事などを全て合わせたリフォーム工事の相談件数は年間6,000件~7,000件。その中でも、外壁塗装は手抜きをしやすい=悪徳業者の多い工事だと言われています。ここではよくある悪徳業者の手口と、その対処法を解説していきます。

よくある悪徳業者の手口

状態を悪く伝え、不安を煽る

「今すぐ工事をしないと大変なことになる」など、大げさな言葉で不安を煽ってくるのは、訪問業者の常套手段です。しかし外壁はチョーキングや大きなひび割れなど、素人でもわかりやすい症状でない限り、家全体が危険に侵されているということはありません。緊急性を主張してくる業者には依頼せず、本当に必要かどうかを判断しましょう。

大幅な値下げをする

悪徳業者は最初の値段設定を高めに設定し、大幅な値下げをすることでお得感を演出します。しかし実際は値下げ後の金額よりも安い費用で工事が可能だったということがよくあります。今すぐ契約すれば半額、など大幅な値下げをしてくる業者には要注意。

曖昧な見積書を提示する

見積書は契約書と同じように重要なもの。悪徳業者は、何に対してどれくらいの費用がかかるのかを曖昧にし、必要のない項目に費用を水増ししている場合があります。見積書は、費用の内訳や工程スケジュールなど、細かいところまできちんと確認するようにしましょう。

耐久年数の高さをアピールする

外壁塗装の耐久年数は、長くて20年。しかし30年や40年も持つと嘘をついて契約させる悪徳業者もいます。外壁や屋根の塗装の目安は10年に一度。長すぎる耐久年数を提示してくる業者には注意が必要です。

自社のオリジナル塗料を売りつける

ほとんどの外壁塗装の業者は、大手の塗料メーカーから塗料を購入して塗装に使用しています。自社で作ったオリジナルの塗料を売りつけようとしてくる業者もいますが、実際は他のメーカーが作った安い塗料のラベルを張り替えただけという場合も。他の塗料より優れていると言われても、安易に受け入れないようにしましょう。

信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者5選 信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者5選
TOP