狭山市周辺で安心して任せられる外壁塗装会社を見つけよう

信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者
TOP » 外壁塗装業者選びに役立つ知識 » 外壁塗装が必要になるタイミング

外壁塗装が必要になるタイミング

家を守るために必要な外壁塗装

日ごろあまり気にすることはないかもしれませんが、外壁は砂埃にさらされたり、雨や紫外線を浴びたりと、毎日かなりの負担がかかっています。大切な家を長持ちさせるためには、定期的に外壁塗装を行わなければいけません。ここでは外壁塗装が必要なタイミングについて詳しく解説しています。

外壁塗装のタイミング

日本の家の場合、築10年目が1回目の塗装のタイミングと言われています。なぜ10年なのかというと、これは使われている外壁材に理由があります。 日本の住宅の約8割は、窯業系サイディングボードという、セメントが主成分の外壁材を使っています。

この外壁材はもともと防水性能がないため、塗装を行い防水性を持たせているのですが、この防水性能も5年~7年で効果がなくなってしまいます。その他の外壁材もほとんどが同じくらいの年数で防水性能が落ちてきてしまうため、目安として築10年で1回目の塗装をすると良いと言われています。

外壁塗装をしなければならない劣化状態

外壁材の劣化にはいろいろなサインがあります。ものによってはすぐに対応が必要な場合もありますので、劣化のサインを細かくチェックしてみて下さい。

外壁の色あせ
新築当初と比較して、外壁が色あせてきている場合は塗り替えを検討しましょう。外壁の色あせは、塗膜劣化が進んでいる証でもあるため軽視してはいけません。
チョーキング
チョーキング現象
画像引用元:外壁塗装駆け込み寺
(https://gaiheki-kakekomi.com/home/tosounagare/)
外壁に手で触った時に、白い粉が手に付く「チョーキング現象」。紫外線や直射日光、風や雨が原因で塗装の表面が劣化しているサインです。
塗膜の膨れや剥離
外壁の塗膜が膨れたり、剥がれたりする現象です。これは外壁塗膜の劣化が原因。塗膜の膨れや剥離を放置しておくと、外壁の内部に雨水が入り込み、ひび割れとなってしまうこともあります。
ひび割れ(クラック)
ひび割れの幅が0.3mm以下のものはヘアークラック、0.3mm以上のものは構造クラックと言います。構造クラックがある場合、すぐにメンテナンスをする必要があります。放置しておくと、そこから雨水が入り込み、カビの発生や、住宅の強度劣化にもつながります。

シーリング材の塗膜の剥がれや割れ 窓のサッシの回りやサイディングボードの継ぎ目など、シーリング部分が劣化して亀裂が入ってしまっていることがあります。シーリング材が劣化している時は、目地部分から雨水が侵入するのを防がなければいけません。

メンテナンスは同時に行うと効率的

外壁塗装は築10年目を迎える際に行うのが理想的です。しかし、事業者の選択からメンテナンスの内容決め、実際に工事を行うまでとなると、一度のメンテナンスでさまざまな手間や費用が必要になります。場合によっては、計画を作成するところから外壁塗装が終わるまでに長い時間を要することもあります。

そこで、外壁塗装を行う場合は、他のメンテナンスと同時に行い、より効率的に自宅のメンテナンスが行えるように考えてみましょう。外壁塗装を行う場合の大きな特徴の1つが足場の設置です。すみずみまで外壁塗装を行うためだけでなく、工事に必要な道具を運んだり、塗料の飛散を防止したりするため、しっかりとした足場を1日かけて必ず設置します。

ですが、この足場は塗装が終わってしまったらすぐに取り外してしまうため、非常にもったいないものでもあります。ですので、外壁と同じような足場を設置する屋根の塗装やメンテナンスも同時に行うように計画しましょう。素材や状態によっても異なりますが、屋根の塗り替え時期も外壁と同じで10年が一つの目安となります。どちらかに合わせるのではなく、どちらも適切なタイミングで同時に行うことができるため、一石二鳥のタイミングでもあるのです。

さらに、屋根塗装を行う際の足場は、基本的に外壁塗装を行うときのものとほとんど同じです。一度設置した足場を共用できるため、別々に行う場合よりも工事期間を短縮することが可能なのです。もちろん、改めて足場を設置する必要もありませんので、その分の費用も抑えられます。つまり、外壁と屋根の塗装を同時に行うことで期間も費用も抑えられるため、メリットしかない工事に変化させられるのです。

また、屋根塗装と一緒に行うと良いといわれているのが、太陽光パネルの設置です。太陽光パネルを設置する際には、当然足場が必要ですが、それよりも大変なのが設置後の屋根の塗装です。実は、太陽光パネルを設置した後に屋根塗装を行う場合、一度そのパネルを取り外してから塗装を行わなくてはいけません。さらに、屋根の塗装前にも太陽光パネルの設置前には屋根の清掃を行うなど、屋根塗装の工程と共通していることが多いのも特徴です。

加えて、もし設置した業者と塗装する業者が異なると、設置する向きなどが違ってしまい、発電量に変わってしまったり、取り外しの費用が発生したりする可能性が生まれてしまいます。そのため、太陽光パネルの設置を考えている場合は、屋根塗装と同時に行うことが最適なのです。屋根塗装は外壁塗装と一緒に行うことが効率的なため、各塗装工事と太陽光パネルの設置を同時に行うことで、さらに効率よく費用を抑えた工事が行えるのです。

そして、外壁塗装を行うのはそれがメインになる工事だけでなく、室内リフォームの一環として外壁塗装を行う場合もあります。室内リフォームの中では、浴室やキッチンなど水回りに関してリフォームを行うと配水管などの設置場所が異なります。すると、外壁工事が伴うため、その中で塗装が必要となるのです。

他にも、雨戸の変更や間取りの変更による窓の移動など、室内リフォームでも外壁工事が必要となる工程がいくつもあります。したがって、室内リフォームに合わせて外壁全体の塗装を行うことが、より効率的な住宅メンテナンスとなるのです。

ここまでさまざまなメンテナンスと外壁塗装との関わりを解説していきましたが、もちろん全てを同時に行う必要はありません。ただし、築10年を経過すると住みづらさや不具合などを感じることが多くなるのも事実です。外壁塗装という大型メンテナンスを行うのをきっかけに、一度直すべき範囲を考えてみて、同時に行える工事があるようなら一緒に行い費用などを抑えましょう。

信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者5選 信頼・実績で選ぶ狭山市周辺のおすすめ外壁塗装業者5選
TOP